2000年 2月 13日(日曜日)  京王百草園   午前 11時〜 14時 天候 晴れ後曇り

使用カメラ OLYMPUS CAMEDIA C-920

<<HOME>>
リンク
京王百草園ホームページ

交通案内、
京王線百草園下車
新宿から特急で府中駅乗換約30分徒歩10分
季節によって百草園駅臨時停車もあります。

駐車場はありませんので、電車でおいで下さるよう
にと園からのお願いです。




園内の水仙






百草園全景

   前方 白い空間の先に新都心新宿があります。お天気の良い日は都の庁舎もよく見る事が出来ます。









<HOME>

   しっとりとした、たたずまいの園内には約80種800本の紅梅・白梅が咲き誇ります。

若山牧水の歌碑前です。

  歌碑前には、同じ枝に紅と白の花を付ける「思いのまま」、松連庵わきの心字池ほとりには、「枝垂梅」が清楚な花を咲かせます。

  早春探梅短歌会が 2月 11 日に行われ、入選された短歌の短冊です。



ひとあし早い東京の春の訪れ     

   百草園は、天平年間(729〜748)の建立とされ、その後亨保年間(1716〜1736)に徳川家康の長男     岡崎三郎信康追悼の為に再建された「松連寺」後に作られた名庭です。都内でも有数の梅の名所とされ、多摩丘陵からの眺望の見事さで、
若山牧水や徳富蘆花などの文人墨客に愛されて来たと言う 事です